スカルプシャンプーという頭皮ケアに重点を置いたシャンプーの人気は高いですが、スカルプシャンプーの洗浄成分で多いのはアミノ酸です。

頭皮ケアをしなければと考える人は抜け毛で悩む人が多く、そういった方には刺激の強くない洗浄剤が必要なわけです。刺激でさらに抜け毛が増えては困りますものね。

 

アミノ酸が洗浄成分となっているシャンプー

アミノ酸シャンプーとは洗浄成分にアミノ酸系界面活性剤を使用しているシャンプーです。たとえば、ココイルグルタミン酸、ココイルメチルタウリンNa、ココイルメチルアラニンTEAなどが一般的です。

また、コカミドプロプルベタイン、ラウラミドプロピルベタインといったベタイン系界面活性剤もアミノ酸系と同様に刺激が弱いのが特徴です。

シャンプーの種類は高級アルコール系(硫酸系)、石鹸系、アミノ酸系などがあり、これらの中で刺激が少なく洗浄力がやさしいのアミノ酸系シャンプーなのです。

アミノ酸とは私たちの体を作っているタンパク質を構成している成分で、髪の毛も大部分はタンパク質でできています。 アミノ酸を使用する事で頭皮をやさしく洗えるだけでなく、皮脂を取りすぎないので乾燥によるフケや痒みなどの地肌トラブルが少ないといえます。

アミノ酸シャンプーは泡立ちが悪いという話を耳にしますが、泡立ちをよくする成分のかわりに自然派のオイルを使用しているシャンプーがあります。けっして泡立ちが悪いのがアミノ酸シャンプーの特徴ではありません。

健康な髪は健康な頭皮で育つと言います。頭皮ケア、スカルプケアを考えているなら洗浄力はマイルドなアミノ酸系のシャンプーを選ぶことが大事ですね。アミノ酸シャンプーは種類が豊富ですから、特徴をよくみて購入し使うことで不満が出ることもないでしょう。

アミノ酸シャンプーのデメリット

頭皮の汚れが落ちにくい
ワックスなどのスタイリング剤が取れにくい
髪が重たくなり髪のボリュームを出しにくい
洗髪後にスッキリしたステータスになりにくい
商品代金が高い

あくまでもすべてのアミノ酸シャンプーがそうではなく、よくこのようなことが言われているものを上げてみました。

頭皮ケアには低刺激のアミノ酸系がいい

スカルプシャンプーに話は戻りますが、抜け毛が多く薄毛に困っている人は頭皮ケアが必要だと気づきます。使っているシャンプーをスカルプシャンプーにしたほうが頭皮にも髪にもいいのだろうと考えるでしょう。
スカルプシャンプーの多くはアミノ酸系の洗浄剤を使っている場合があるのは、頭皮ケアには低刺激の洗浄剤が適しているからです。

頭皮ケアにかかわらず、髪と頭皮に良い成分のシャンプーを選ぶならアミノ酸系がいいんですね。 大人だけでなく小さなお子さんがいる場合はシャンプーを共有することがあると思います。

お子さんから薄毛の心配をしているお父さんまで一緒に使えるシャンプーが髪のためには理想かもしれません。アミノ酸系のシャンプーにはその希望を叶える特徴をそなえていると言えますね。